×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アブサン
ABSINTH
【チェコ、フランス、スイス】 






アブサン ABSINTH
薬草系リキュール

一般に、アルコール度数が大変高いお酒として知られています。およそ80年前(1915年にフランス)に禁止になったお酒でもあります。

アブサン チェコやフランス系に多い、アニスよりも他のハーブの香りが優先することが多い。度数は60〜70度と高いケースが多い

アブサンはニガヨモギという薬草を主成分としているお酒で、強いアルコール度数と香りで有名です。かつては、アブサン中毒やアルコール中毒を防ぐために禁止令が出たほどのお酒とも言われますが、実際のところ当時の世界の経済状況や それに伴うアブサンの製造方法に関していい加減な部分が多数有り、不純物を多く含ましたものも販売されていたとされています。現在はWHOによるツヨン成分の規制なども相まって、適量なものに限り解禁されています。それでも、かつてのアブサンを追い求める人など、世界的にも熱烈なファンがいるのもこのお酒ならではです。

熊本のお洒落なバー 恋人と行く 雰囲気の良いバー

 

熊本県熊本市中央区下通り一丁目4−18
SIビル 地下一階
「シングルで飲む」「食前酒の場として」「ディナー後の会話の場として」
「ちょっとした仲間だけのお洒落なパーティー」
「大切な人と、静かに楽しむバー」
「仕事仲間としんみりと語り合いたい」

熊本のお洒落なバー 彼女と行きたいバー 彼氏と行きたいバー

 


シャゲのメニュー チャージ代金